コーチングの効果を最大限に引きあげる手法、メタコミュニケーションについて。

10種類の効果的なカード「メタコミュニケーション」:コーチングを知る

「メタコミュニケーション」

1.「メタコミュニケーション」の持つ意味
「メタコミュニケーション」とは、「コミュニケーション」が機能しているかどうかを確認するために行う「コミュニケーション」です。コーチングを効果あるものにするためには、コーチングを行っていく過程でコーチングの振り返りを行うことは重要です。コーチ、クライアントそれぞれ一人の個人であり、それぞれが自分の「価値観」「こだわり」「信念」を持っていますから、コーチングがうまくいっているかどうかを常に確認していく必要となるのです。
2.確認内容
(1)コーチの思い込みでコーチングが行われていないかどうかを確認します。
(2)コーチンクの振り返りを行い、順調にコーチングができているかどうかの確認を行います。
(3)コーチングが機能しているか確認します。
3.質問:クライアントに対して
(1)コーチの思い込みでコーチングが行われていないかどうかを確認します。
(2)コーチンクの振り返りを行い、順調にコーチングができているかどうかの確認を行います。
(3)コーチングが機能しているか確認します。
(4)「コーチからの質問はわかっていますか」
(5)「コーチからの質問は活きていますか」
(6)「コーチからの質問は考えさせられることが多いですか」
(7)「宿題をする意味を理解してやっていますか」
(8)「ビジョンははっきりしてきましたか」
(9)「ビジョンの達成に向けて、何をしようと思っていますか」
(10)「今後もコーチングを受けようと思っていますか」
(11)「コーチングは、仕事に役だっていますか」
(12)「職場の人間関係は良くなっていますか」
(13)「コーチングは、日常生活の上で役だっていますか」
(14)「仲間をコーチングしてみようと思いますか」

コーチの思い込みでコーチングが行われるのは避けなければなりません。