コーチングを行うコーチの仕事、役割、意味とは何か。

コーチの仕事、役割、意味:コーチングを知る

コーチとは

ビジネスの現場では、多様化・複雑化・スピード化した情報に正確に対応し会社の目標達成を図るために、経営者自身、そして中間管理職が会社の目指しているものを明確にし、それを達成するための方法を社員一人ひとりが自らの意志で考え、行動できるように導くことが必要になります。
そのため、部下の考えていることを的確に掴み、素早く行動に移ることができる、コーチングスキルをもった人材が求められているのです。
企業や学校における「コーチ」とはビジネスに精通し同時にコーチングスキルを保持し、リーダーシップを発揮する仕事のプロのことです。
日常生活の場面においては、個人の考え方が多様化していることから家族、友人、知人の間でのよりよいコミュニケーションを図ることが大切になっています。
日常生活における「コーチ」とは、コーチングスキルを保持しコーチング能力を発揮する日常生活のプロのことです。

「コーチ」の役割

コーチは、クライアントの考えや思い(感情)に焦点を当て、何が目標を達成するための障害になっているかを明らかにしていきます。また、目標そのものを決定するためにかかわりを持つこともあります。
常にクライアントの傍らにいるということをイメージさせ、必要であれば、提案をすることもあります。
人は自分の考えを話すことによって自分の中にある「答え」に気付きます。そのために、コーチは、積極的にクライアントの話を聴き、答えをまとめやすくするのに役立つ質問をします。また、人の中にある「認められたい、ほめられたい」という思いを実現させるために、あなたがそこにいるということを認める発言をします。更には、自分自身では気付かない方向からの視点がたくさんあることに気付かせたりしながら、人の「やる気」をコミュニケーションによって引き出します。
クライアントの目標達成道程の「同行二人」といえます。仏教(遍路)用語の「お大師さまとの二人連れ」の意味よりも、「自分を信じるもう一人の自分」を常に意識させるパートナーです。クライアントのさまざまな知識と経験を整理し、資源(知恵)として活かすためのヒントを、質問を投げかけることで引きだし、方向性・意思の確認をし、行動を促す役割をします。
自発的な行動を促すために、上から下へ一方的に技術やノウハウを教えることはしません。あくまでも、対象者の持つ力に信頼を置き、その力が引き出せるようにサポートしてゆくことがコーチの役割です。指導するのではなく支援するという立場を取ります。

コーチの持つ意味

ビジネス・日常生活すべての現場において要求されるのは、相手に対するやさしさだけでもなく、厳しさだけでもありません。そこで要求されるのは実践的なコーチングスキルに裏づけされた対応の仕方です。
高度のコーチングスキルを身につけ、卓越した知識と技能をもった「プロのコーチ」となることが、変化の激しい現代という時代の要請にあったものと言えます。

ビジネスの場におけるコーチの持つ意味

会社のミッションをわかりやすく説明することによって、自分の目標、部下の目標の確認をはかります。
上・下・斜め・横との全方位的なコミュニケーションスタイルを行うことにより、情報の共有化をはかります。
会社の長期戦略、中期戦略にそって、自分の属している組織における対応の優先順位をつけ、部下と共有します。
今、何をしなければいけないのかを、自らも考え、部下にも考えさせることによって、自分も部下も高いモチベーションが持続できます。
目標を共有化し、事態を客観的にみつめることによって、部下がより自発的に動くようになり、その結果組織の目標がより早く達成できるようになります。
部下からの提案については真摯に受け止め、採用・不可の判断理由についてその内容を部下と一緒に検証します。 次の世代の人材育成を仕事を通して行います

パーソナル・コーチの持つ意味

自己実現しようとしているクライアントが自ら考えることによって、自発的に動くようになります。コーチが指示・指導したのでは、その時は動いても、やらされ感しか残りません。それでは、クライアントのためになりません(コーチの自己満足だけです)
子供が自ら考えることによって、自発的に動くようになります。頭ごなしの説教では、その時は動いても、やらされ感しか残りません。それでは、子供のためになりません(親の自己満足だけです)
子供が自発的に動くことによって、子供の気持ちが理解できるようになるのです。
親と子が想いを共有化することによって、子供も親が何を考えているのか、理解できるようになります

生徒が自ら考えることによって、自発的に動くようになります。答を与えたのでは、生徒のためになりません(先生の自己満足だけです)
生徒が自発的に動くことによって、一人ひとりの生徒の気持ちが理解できるようになります。
先生がクラスを指導し、指揮していっぺんに動かすのでは、個々の生徒の気持ちは理解できません。
先生と生徒が一対一でコミュニケーションをとることにより、生徒も先生の気持ちが理解できるようになります。

夫婦、恋人同士がお互いを認め合い、相手の立場になって物事を考えるようになり、よりよい人間関係がはぐくまれます。一方的なコミュニケーションでは、良かれと思ってしたことも、場合によっては愛情の押し売りになってしまいます。最悪のケースではスト―カーとなってしまいます。
友達同士においても同様にお互いを認め合い、相手の立場になって物事を考えるようになり、よりよい人間関係がはぐくまれます。
看護、介護の場面においては、相手の気持ちを尊重することにより、本音の会話ができるようになります。
家族全員・身の回りの人間関係が構築されることにより、明るく楽しい人生をおくることができるようになります。